2016-05-26(Thu)

願い

私は思ったことをそのままでないにしろ書くようにしているので
読んでくださった方に不快感を与えてしまうこともあります。
直接批判的なコメントをいただく場合もあれば、よそで言われてることもあったようです。
今まで書いた記事でそれが一番顕著に表れたのが、カンインが除隊してSJに戻ってくる、となった時に
「戻ってこなくていい」と書いたものでした。
それでもELFか、とか、私のようなELFがいるのが悲しい、とか。
そんな私が、戻ってからのカンインや彼に接するメンバーの姿を見ていて
徐々にその気持ちは薄れていって、戻って来てくれてよかったと思えるようになりました。


ひょくちゃんを見送ってくれたあの日、カンインの言葉やぬくもりは
ひょくちゃんにたくさんの勇気をくれただろうし、不安な気持ちを少しでも取り除いてくれただろうに
そのカンインが今、ひょくちゃんに不安を与え、心配をかけるんだね。
他のメンバーはこれからいろんなところで頭を下げ、謝罪の言葉を口にするんでしょう。


怒り、呆れ、情けない思い、不安・・・いろんな感情が入り混じっているようでいて
でも今のところは無に近い状態。
考えることを頭が拒否してるのかな。

カンインに対して、辞めて欲しいとか残って欲しいとか、これからどうして欲しいとか
何も感じない。今はね。


ただ、私はこれからもELFであり続けたい。
だからSJがなくなっちゃ困るのよ。
今は、ひょくちゃんとドンヘ、シウォンやシンドンが戻ってくる場所を守りたいと
そう願うだけ。


スポンサーサイト
最新記事
最新コメント
プロフィール

kakona

Author:kakona
FC2ブログへようこそ!

ブロとも一覧
月別アーカイブ
FC2カウンター
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード